ごあいさつ

牧師挨拶

貞光キリスト教会 
牧師 木下 淳夫

こんにちは。木下淳夫と申します。

簡単にプロフィールを話させて頂きます。生年月日は、1968年1月24日。奈良県で生まれ、大阪府豊中市、兵庫県川西市で育ちました。両親ともクリスチャンではなく、実家の宗教は浄土真宗でした。

関西学院大学在籍中に、宗教センターでアルバイトをさせていただいたときに、クリスチャンの友人に出会いました。その後、就職した大和銀行在職中に、その友人を通して信仰を持つようになりました。

当時私が住んでいたのは、奈良県だったのですが、日曜日は神戸にあります日本キリスト教団山手教会に通っていました。そして、1993年12月19日、坊向輝國先生の司式で受洗しました。

1994年4月には、銀行を退職して神戸に引っ越しをして、フリーカメラマンとして働くようになりました。1995年1月17日の阪神淡路大震災では、住んでいた地域が大きな被害を受け、引っ越しせざるを得なくなり、一時的に実家で生活しましたが、落ち着いた頃に西宮市に引っ越して、スタジオのアシスタントなどをしながら、写真を通して創造主である神様のすばらしさを証しようと活動を続けていました。

教会では、あたたかい交わりに加えていただき、青年のキャンプなどでも賛美の奉仕をさせていただくようになりました。1998年三田の千刈セミナーハウスで行われた青年研修会で、献身の志が与えられたのですが、自分としては、カメラマンをしながら奉仕をしようという思いがありました。ところが、神学生だった姉妹(現在の妻)との結婚が導かれ、1999年に結婚し、活水聖書学院に入学することになりました。

神学校卒業後、2002年に母教会である山手教会で、一年間奉仕をさせていただいたのち、2003年より、貞光キリスト教会で奉仕をさせていただいています。

貞光に遣わされてから、地域の子育て支援の活動を長くさせていただきました。現在も、幼稚園や小学校で読み聞かせのボランティアや、ときにはマジックショーもしています。

2016年12月隣接する美馬市脇町に建設された、多目的宣教センター三公記念館(みきみきねんかん)でも、ミニコンサート、聖書塾で講師をしています。

趣味は写真、歌、パソコン、野球、手品など。礼拝のメッセージは、YouTubeにもアップしていますのでご覧ください。

私が教会に行くようになったキッカケ

Iさん(2019年に100歳でお召されになりました。)

「汝我を選びしにあらず、我汝を選びたるなり」(ヨハネ15:16)

私は信仰を持って45年になります。私が知っている人の中には、他のものを求めて行った人が何人かおります。私も自分でキリスト教を選んでいたとしたら、教会を離れて、他のものを求めて行ったかもしれません。…続きを読む